排卵検査薬クリアブルーの解説

排卵検査薬

クリアブルーならより正確な排卵日チェックが可能

日本でも人気の排卵検査薬の一つであるクリアブルーは、唾液ではなく尿によって排卵を検査するので、より正確なLHサージを検知する事が可能です。そんなクリアブルーシリーズは、いくつかの種類があります。

中でも最も高性能なものと言えば測定器ですが、こちらは、LHの検知が可能なだけでなく、卵胞から分泌されるエストロゲンの濃度も検知する事が可能です。これにより、更に早く排卵日が予測可能となりました。

その予測範囲は、最大で6日前。
普通の排卵検査薬は、良くても2日前です。これは、LHサージのみを検知するので、それ以上早く陽性反応が出ません。

クリアブルーイージーもLHのみの検知なのでそうなりますが、とりあえず、基本的な排卵検査が出来れば良いというなら、陽性反応がチェックしやすい事と日本で排卵検査薬を買うより安い事も有って人気です。

排卵検査薬「クリアブルー」

排卵検査薬「クリアブルー」なら、6日前からの予測が可能です。

一般的なチェッカーとの違いは、LHホルモンとエストロゲンの両方から排卵日を予測する事。

この測定器は、エストロゲン増加量も同時解析が可能となっていて妊娠確率の高い時期かどうかをレベルで表示してくれるので解りやすいと評判です。

妊娠可能レベルを段階別で判定する機能、6回分の生理周期を記録する機能などが備わっていて、妊娠の確率アップに必要な情報をあなたのパートナーとしてサポートしてくれます。

デザインを一新し、タッチパネル式で使いやすくなっています。
高性能な分、商品自体安くはありませんが、コスパの良い排卵測定器の微妙な結果に困惑する事も無く、結果、短時間で妊娠できる可能性もあります。

>>クリアブルー測定器の製品情報

クリアブルー・イージー(デジタル)

LHホルモンを検出して、排卵日の24時間〜36時間前を予測する事が出来ます。

排卵検査薬を試しに使ってみたい場合であれば、約2日前から予測可能なこちらでも十分かもしれません。

デジタル表示で確認が可能です。

そこまで高い精度は求めていないという場合、クリアブルー測定器が気になるけど今すぐは難しいという場合、まずは、イージー・デジタルを試してみるのも良いのではないでしょうか。

>>クリアブルー・イージー(デジタル)の製品情報

クリアブルー・イージー(排卵検査薬)

こちらは、LHホルモンの濃度を参照ラインと比べ排卵日を予測するもので、デジタル版と機能はほぼ一緒です。

一回使い切りタイプ。

尿に浸すものだから衛生面で気にならない使い捨てタイプが良いという場合、まだ、本格的に妊娠を考えているわけではないけど、気になった時のチェック用として持っておきたいと考えているなら最適かもしれません。

妊娠検査薬もセットになっています。
こちらは、生理予定日の4日前からデジタル表示で結果を確認する事ができます。

>>クリアブルー・イージー(検査薬)の製品情報

クリアブルー排卵検査薬が人気の理由

日本で購入できる排卵検査薬は、検査結果が曖昧でいまいちピンと来ないと感じている人も少なくないと思います。排卵検査は、この検査結果の曖昧さが使いやすさに繋がります。

その点、クリアブルーは、検査結果がはっきりわかるので人気となっています。
しかも、測定時間も短く、早く結果を知りたい時でもわずか3分程度で結果が出るので待ち時間の煩わしさもありません。

LHサージ検知の正確さ99%。
ほぼ間違いなくLHホルモンの変化を検知してくれます。

唾液による排卵検査薬も色々な種類が有りますが、より確実な結果を知りたいなら、尿検査によるLHサージが一キホン。クリアブルーシリーズは、その本格的な尿検査が手軽にかつ手頃な価格で利用する事が出来ます。

ただし、6日前予測が可能なクリアブルー検査器はちょっと高いです。
6日前からの排卵を予測できるという高いLHサージだけをチェックするのではなく、エストロゲンの増加量も同時に検査する働きがあり、この高い精度からどうしても価格を抑える事ができません。

でも、それだけ本格的なので、しっかり目標に向かって妥協はしたくないというベビ待ちママさんにとって、かけがえのない相棒となってくれることは間違い有りません。

何年も不妊治療を行い、色々な治療方法やサプリメント、そして、こうした検査薬などを試しては替えと繰り返している事と比較すると、これ一台で正確性が格段にアップすれば決して高い買い物ではありません。

妊娠のベストなタイミング「2日前」を逃さない為に

妊娠の一番良いタイミングは、排卵日の2日前となります。
これは、卵子と精子の寿命が関係しているのですが、卵子の寿命は、排卵直後からの24時間。1日しかないのです。

それだけフレッシュな状態じゃないと受精を受け付けてくれません。

しかも、気をつけるべきなのは、それだけではないようです。
卵子の寿命である24時間以内で受精すれば子供を授かれるというわけではなく、その内の6〜8時間ほどしか受精可能な時間が無いという事がわかってきたそうです。

卵子の寿命は全ての方に共通して24時間ではなく、老化や元々持っている体質によっても異なり、若い方ほど、比較的卵子の寿命が長い傾向にあります。

卵子に対して精子の寿命は、3日〜5日ほどと言われていますが、このタイミングを合わせるためには、排卵の2日前に行って精子君があなたの体内で子宮を駆け上がり、卵管膨大部へ突き進んでいる時に排卵が行われるのがベスト。

一つ目の大切な事として、精子が生きていられるタイミングと卵子が受精可能な時間の調整を意識しなくてはなりません。

また、LHサージは24時間前程度から陽性反応を示すようになりピークに到達すると、そこから、24時間〜36時間以内に排卵が行われます。このタイミングを重ね合わせると排卵の2日前という事でピークに向かう前の陽性反応が出ている段階がベストとなるようです。

クリアブルーなら排卵が行われる最大2日前予測が可能なので、子作り計画も立てやすくなります。

更に、クリアブルー検査器なら最大6日前の排卵日予測が可能なので、十分に余裕を持って準備する事が可能となります。このタイミングを知ると妊娠の可能性ってそうそう簡単なものではないと感じるかもしれませんが、その不安を和らげてくれるのがクリアブルー排卵検査薬の役割です。