受精に関する基礎知識

クリアブルー排卵検査器なら排卵の5日前予測が可能

精子が卵子と受精するまで

ここでは赤ちゃんを産む為にも知っておきたい知識として受精についての基本メカニズムについて触れておきます。

まず、性交により膣内に射精された精子は、一般的に卵子の表面に誘導されていきます。これは、膣内に留まらず、同じ液体の中に卵子と精子が入っていると自然と引っ張られていくという不思議な性質を持っている為です。

この性質は、精子には卵子の場所を把握する為のセンサーのような役割をする器官があり、一方、卵子は、スズランの花のような香りを発しているらしく、その匂いを察知して場所を特定しているらしいのです。

DNAレベルの『本能』なのかもしれません。

精子には性別がある

精子はDNAの詰まった頭部を持ち、人の細胞のエネルギー源であるミトコンドリアが集合した部分、更に、後ろには尻尾を持っていてそれを振動させることで動くように出来ている事や、卵子を覆っている糖たんぱく質を分配する為の酵素(アクロシン、ヒアルロニダーゼ)を持っています。

また、精子は、一つ一つ形が異なり、性別も持っているのです。

  • Y染色体を持っている:男性になる精子
    ・・・すばやく動く事ができる(瞬発力があるタイプ)
  • X染色体を持っている:女性になる精子
    ・・・より寿命が長い(スタミナがあるタイプ)

他にも、意外のように思われますが、健康な体を持っている男性でも元気で活発な精子は全体の20%ほどしか持っていないといわれています。
残り80%はどうやっても役に立つ事が無いのです。

ですが、80%の受精出来ない精子があるお陰で、残り20%の受精確率を高めている事に繋がっているのかもしれません。

受精には子宮から分泌されるホルモンも重要

性交により精子が射精されても膣内が酸性であることで、全体の99%の精子がそこで死滅してしまいます。なんとか生き残った1%は、子宮頚部(子宮の入り口)までやってきて、ここで、頚管粘液というホルモンの分泌の助けにより更に奥へと進む事ができます。

このように、元気な精子だけではなく、女性のホルモン分泌も正常に行われている事も精子が次に進むために必要です。この時関係しているのは、卵胞から分泌されるエストロゲンの働きです。

エストロゲンの影響で、子宮頸管部に粘液が分泌され、精子がその粘液を辿って更に奥へと進みます。

進んだ先では女性の体内の白血球により排除させながら、生き残ったわずかな精子だけが卵管へのたどり着くことができるのです。

そして、ここで卵子が来るのを待つのですが、卵管には、精子がエネルギーを補給することができるようになっていて、一時的な休息を取る事ができます。そして、卵子がやってくる頃には、再び元気になって卵子を目指すのです。

このタイミングに合せて、精子を送り込むようにする事が妊娠のカギです。
このように、長い道のりをたどり着けた精子だけが卵子と受精できるのです。

受精しやすくする方法

受精の確率を高めるには、新鮮な精子をたくさん送ってあげる事が必要です。
その為には、2日~3日での性交を1ヶ月通して続けると、受精の確率を高くすることが可能だと言われています。

大切なのは、元気な精子を作れる男性の体もそうですが、女性も体の色々なホルモンの材料としても重要なたんぱく質(栄養素:アミノ酸)をはじめとする栄養価の高い食材を積極的に食べるようにする事も大切だと思います。

その為にも、男女ともに、十分な栄養補給が必要です。

栄養補助での不妊改善ならマカのサプリメント

ペルー原産の高度4,000m以上の高原地帯に自生する滋養強壮に優れる根菜の一つを使用したマカのサプリメントは、男女共に妊娠改善に有効と言われています。

マカは、根菜類でありながらアミノ酸のバランスに優れていて、ビタミンや亜鉛などのミネラルも豊富に含まれています。

マカやビール酵母のサプリメントなどで亜鉛やアミノ酸を摂取すると、「精子の量が増えた」という感想も沢山ありますので、元気な精子を作るため、または、日頃の疲れを早く回復する為にもオススメのサプリメントです。

女性は、不妊症や更年期障害、冷えや月経改善に有効ですので、夫婦共通で活用できるサプリメントで不妊改善を目指す事が出来ます。