排卵日検査薬は海外製が人気の理由

クリアブルー排卵検査器なら排卵の5日前予測が可能

価格の安い海外製なら始めやすい

排卵日検査薬を使えば、産婦人科に頼らなくても妊娠できる事、不妊治療ができるということで活用されている方が増えて来ているように感じます。ですが、中には、思ったより排卵検査薬の価格が高いと感じ中々踏み出せない場合も有るようです。

それに、薬事法改正の影響で排卵検査薬が買いにくくなった影響もあると思います。
ちなみに、日本製の排卵日検査薬でも一番お手頃価格と言われている「ドゥーテスト(ロート製薬)」ですら、単価が400円くらいするようです。

排卵日検査薬を使ったタイミング法でも、すぐに妊娠できる確率は低いことを考えると、できるだけ価格は抑えておきたいところです。

そんな場合に、用いられる海外製の排卵検査薬の中で定番となっているのが、「チェックワン」「ラッキーテスト」「Wondfo」「DAVID」などです。

どれも単価が100円以下なので、日本で買うより大分安い。
個人輸入となれば、送料も追加でかかることになりますが、この単価ならそれでも日本製のものを買うより、トータルでは費用が大分安くなりそうです。

しかも海外からの送料といってもそれほど高くない場合もあります。
クリアブルーやワンステップ排卵検査薬を取り扱っている直営店では、送料がかかっても一つの梱包につき840円程度なので、そこまで気になるものではありません。

沖縄や北海道に住んでいる人が日本で通販すると、それ以上に料金がかかってしまう場合もありますからね。

ただ、海外製と聞くと日本製に比べて品質が劣るのでは、とちょっと心配にもなるだろうと思います。その点に関して調べてみると、上記の海外製排卵日検査薬は、どれも90パーセント以上の精度が証明されているので安心です。

それに、日本製品は、品質などがしっかりとしているというイメージがありますが、海外では粗悪なものも出回っている危険も多く、一般消費者に眼の肥えている人が多くなりやすいのかもしれません。

そんな中でも安定して人気となっているものは、やはり品質に優れているからという事ではないでしょうか。