妊娠検査薬を値段の安さで選ぶなら?

クリアブルー排卵検査器なら排卵の5日前予測が可能

安さなら排卵検査薬と同じくワンステップが人気

日本で妊娠検査薬を普通に買うと、結構お金がかかるものです。
ロート製薬のドゥーテストだと1回分につき400円弱、ミズホメディーのP-チェック・Sだと300円弱、アラスクのチェックワンだと350円位の単価です。

1回で妊娠に成功できれば良いですが、大抵はそう上手くは行きませんから、必然的に妊娠検査薬の金銭的負担も気になってきます。

そこで、もっと安い妊娠検査薬が欲しいと思い探してみると、行き着く先は、海外製のものを個人輸入すれば、安く済ませられるという事です。

特に、アメリカのドクターズチョイスから販売されているワンステップ妊娠検査薬が同ブランドの排卵検査薬と同様に安くて人気だとわかりました。なぜなら、1回分につき200円もしないからです。

ワンステップは、排卵検査薬でも安さから人気となっていますが、安さ以上に感度も良く、いち早く排卵日が予測できる事や排卵日を過ぎた後にLHの数値が高くても、それを見抜いて陰性となるように作られています。

同じように、ワンステップ妊娠検査薬も感度は25mlU/mlと、先ほど挙げた日本の妊娠検査薬よりも高いため、かなりの精度を期待できます。安いならその分あまり精度が良くないのでは、と心配になるところですが、その心配もありません。

ただ、日本では認可されていないので、購入には個人輸入を利用しなければいけませんが。それでもワンステップは、安くて精度が高い至れり尽くせりな妊娠検査薬なので、使うならこれが良いと思いました。