不妊の原因:子宮内膜症の改善方法

クリアブルー排卵検査器なら排卵の5日前予測が可能

不妊の原因として子宮内膜症が関係している事が有ります

不妊症患者が子宮内膜症の検査を受けてみると、全体の2割から4割程度にその疑いが有るとみられています。こうした事から、子宮内膜症が不妊の大きな要因の一つであると考えられています。

そもそも不妊症の原因とはどんな事?

不妊症とは妊娠を希望し定期的な性生活を繰り返しているのに妊娠できない状態です。原因は女性と男性それぞれに有りますが、女性側の原因として、排卵障害や卵管閉塞などの卵管因子、子宮因子、警官因子に分けられます。

■排卵因子
排卵因子の原因として、急激に体重が減ったりストレスによって障害が頻度が高くなる傾向に有ります。このような事から、無理なダイエットやストレスは、妊娠にとって大きな障害となるので控えなくてはなりません。

■卵管因子
いくつかある不妊症の原因の中で最も高い頻度なのが卵管因子です。
更に、この卵管因子に含まれる原因として、クラミジア感染などの性感染症、そして、子宮内膜症が含まれています。

これらが卵管障害を引き起こし、妊娠できない大きな原因となってしまうのです。

■子宮因子・頸管因子
他にも、子宮筋腫や子宮内膜ポリープが関係している子宮因子、頸管粘膜液の分泌不全などが関係している頸管因子などがあります。

子宮内膜症とはどのようなもの?

本来、子宮内膜というのは子宮の内側にしか存在しません。

その子宮内膜やそれと似た組織が子宮以外の場所にできてしまうことがあり、それが痛みや癒着などを引き起こす病気が子宮内膜症です。

子宮以外の場所にできてしまった子宮内膜は、通常の子宮内膜と同じように月経時に剥がれるのですが、体外へ流れ出すことができず、子宮の外側にとどまり炎症を起こしたりします。

このような状態を簡単に表すとしたら、子宮や卵巣の外側に薄い膜がこびりついているような状態です。またこれが、卵巣内で発生すると古い血液が溜まってチョコレート嚢胞を形成することがあります。

このように、子宮内膜症を発症することによって、子宮や卵巣が正常な状態ではないことが理解出来ると思います。同じように、それが原因で妊娠できない状態にあるということは容易に理解できる事です。

また、最近では、腹腔鏡検査による診断技術の発達によって子宮内膜症も見つけなやすくなっています。同時に、女性の出産回数や妊娠年齢が上がっていることも関係して、子宮内膜症患者の数が増えているとも言われています。

子宮内膜症のホルモン製剤とサプリメント

子宮内膜症を治療する方法として、黄体ホルモン製剤によるホルモン療法も用いられていますが、こうしたホルモン療法による副作用として、おう吐やめまい、吐き気などを催すことがあります。

子宮内膜症自体を軽減することができても、これらの副作用に悩まされている場合も少なくありません。

それに対して、ピクノジェノールで子宮内膜症を軽減できる可能性が有ります。

ホルモン製剤などではなくピクノジェノールというサプリメントによって、子宮内膜症が改善したという情報がいくつも有りました。

また、子宮内膜症だけではなく、生理痛の重い痛みやPMS(月経前症候群)の軽減にも効果を実感している利用者も多くおります。

特に、産婦人科系疾患への有効性が期待されています。
年齢とともに月経の度にドロッとした経血が出るようになっていたものが、ピクノジェノールを服用してから10代の頃のようなサラサラの経血に変わってきたという体験談なども有りました。

ピクノジェノールとは、フランス海岸松から抽出されるポリフェノールの一種で、とにかく抗酸化力に優れています。ビタミンEの数百倍もの抗酸化力も兼ね備えていると言われている程で、美容やアンチエイジング製品としても色々な製品が存在しています。

なかなか妊娠できず、その原因として子宮内膜症かもしれない場合。もしくは、生理痛などが重い場合などは、結局、あまり改善せずに副作用に悩まされるホルモン製剤ではなく、ピクノジェノールを試してみてはいかがでしょう。

ピクノジェノールのサプリメントに興味が有るなら、排卵検査薬を販売しているビューティー&ヘルスリサーチ社で取り扱われているサプリメントが品質と含有量で優れています。